ここから共通ヘッダーです。
ここから本文です。

登園・登校停止の基準について

登園・登校してはいけない主な病気

病名登園・登校停止の期間
インフルエンザ*発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで。
百日せき特有のせきが消えるまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
麻疹(はしか)解熱した後3日を経過するまで。
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)耳下腺、顎下または舌下腺のはれが現れた後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで。
風疹(三日ばしか)発疹が消えるまで。
水痘(水ぼうそう)すべての発疹がかさぶたになるまで。
咽頭結膜熱(プール熱)主要症状が消えた後2日を経過するまで。
結核・髄膜炎菌性髄膜炎医師において感染のおそれがないと認めるまで。

*インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症をのぞく。

学校保健安全法施工規則より抜粋

上記の病気にかかった場合は、学校保健安全法によって出席停止になります。出席停止の期間は原則的な基準です。症状によって異なりますので医師の指示に従ってください。また、上記以外にも出席停止になる病気があります。感染のおそれがある場合には登園・登校をひかえ、治療後の登校については医師と相談してください。

ページの終わりです。