ここから共通ヘッダーです。
ここから本文です。

最新アレルギーニュース

アレルギー情報を提供する『最新アレルギーニュース』は、アレルギー治療に関しての様々な情報が飛び交うなか、患者さんに正しい情報を提供し、最近のアレルギー治療に関しての話題を載せ、患者さんに安心して治療を受けていただけるように、院長 鳥居新平 が作成しております。

*下記のタイトルをクリックするとご覧いただけます。

環境湿度の低下が皮膚や呼吸器のトラブルを招く

ダニ退治(寝具)

秋口に喘息が多いのは、どうしてでしょうか。しまっておいた布団には、ダニが増殖しているからです。布団のなかには、ダニが生息しており、ダニのフンや死がいが沢山あります。退治するには、布団を日光に干すか、布団乾燥機にかけてから掃除機で吸い取ることが重要になってきます。

布団を干した時は、叩かないようにしましょう。布団の奥に入っていたダニや細かいフンなどが表面に浮き上がってきてしまいます。それを吸いこむことになってしまいますので、叩かないようにしましょう。布団を干したり、布団乾燥機にかけたら、掃除機で軽く叩きながら吸い取ると良いでしょう。しかし、効率が悪いので、パワーノズル付きの掃除機をかけると良いです。叩きながら、浮き上がらせて吸い取ってくれます。掃除機をかけるとホコリ(ハウスダスト)は舞い上がり、吸い込むことになりますので、窓を開けて吹き出し口を外に向けるようにして掃除してください。掃除機をかける人も、吸い込まないようにマスクをつけるなどの工夫が必要です。掃除機をかける時間、頻度は、1回に1平方メートルあたりに20秒かけ、週に2回以上行ってください。

また、押入れからの布団の上げ下ろしは、ホコリが舞い上がり、喘息発作を引き起こすこともあります。窓を開けて充分に換気をしながら行いましょう。室内の空気が落ち着くように、就寝30分ほど前には敷くようにしましょう。

ベッドの場合には、床から離れているので、ダニが移行することは布団よりは少ないでしょうが、洗うことが出来ないマットレスには、ダニが生息します。特にフケが落ちやすい頭の辺りや縫い目の凹みなどに集まりやすいようです。マットレスに掃除機をかける場合は、集まりやすい場所を中心にかけるようにするとダニの数を減らすことができます。また、時々はマットレスも立てかけたりし、風通し良くしましょう。

スギ花粉飛散予測と予防内服について

花粉症の症状を和らげる ~予防内服について~

一般的に、花粉症のツライ症状を和らげたいときに処方される「抗ヒスタミン薬」ですが、この「ヒスタミン」って体のなかでどう働くものなのでしょうか?

アレルギーのメカニズム

  1. 免疫機能はTh1、Th2という2つの免疫細胞がバランスよく力を発揮することで正常に働き、外敵から体を守っています。正常な状態では、お互いがバランスを保っていますが、アレルギーを持つ人はこのバランスが保たれていないことがわかっています。
  2. 花粉やダニなどのアレルゲンが体に侵入すると、腸や鼻の粘膜などでアレルゲンを認識します。
  3. 免疫細胞Th1とTh2のバランスが保たれていない場合、Th2が過剰に働いて、アレルギーを排除するために「IgE抗体」を過剰に生み出してしまいます。
  4. 「IgE抗体」は肥満細胞の表面にくっついて、アレルゲンの再侵入により「ヒスタミン」が放出されます。
  5. その結果、くしゃみや鼻づまりなどのアレルギー症状が起きます。

つまりアレルギーとは、体を守るために働く免疫反応が環境・生活習慣によって本来のバランスを失い、過剰な反応で体を攻撃するために起こる病気なのです。

体がアレルゲンに反応するその前に予防内服をするのが効果的です

花粉飛散開始時期を知り、注意をするようにしましょう。飛散予想日の1週間まえから「抗ヒスタミン薬」を内服すると効果的でしょう。飛散初期には、飛散数と症状は比例しますが、飛散量がある程度以上になると症状は重症のまま持続します。重症化を防ぐためにも、早めの対策が必要です。
薬物の効果を高めるには、使用するタイミングが大切です。

鼻づまり対策として頻用される「血管収縮点鼻薬」について注意

鼻づまりは気分が悪いですね。市販薬や処方薬で点鼻薬の成分のなかに「血管収縮効果」があるものがあります。一時的には症状を楽にしてくれて、効果を実感されることでしょう。しかし乱用すると薬物性鼻炎を起こし、反って鼻づまりを悪化させるので、セルフケアとしてaジョギングなどの軽い運動をする、b手足を温める、など交感神経を刺激すると鼻粘膜が収縮しますので鼻の通りが良くなります。試してみてはどうでしょうか。

花粉飛散予測

喘息のコントロールのための腹式呼吸
  1. オヘソの両側を両手で軽くおさえながら、息を鼻から ゆっくりと吸う。
  2. 次に息を吐くのは口すぼめながら、ゆっくりと長く吐く。
    そのとき手を呼吸に合わせてゆっくりと息を吐いていってください。
    口をすぼめることがポイントです。肺の奥まで膨らませます。

お腹に手をあてなくても、鼻から息をゆっくりと吸い口を軽くあけながら、息を吐きお腹に意識をもっていけば 呼吸が整います。

*軽い小発作での息切れの、息を整えることが できます。
この体操を普段から、おこなっていれば発作の時に慌てず、この体操をおこなうことで息切れが、少し改善されます。

オヘソとお腹に意識を集中させていけば、腹式呼吸が上手にできます。
ぜひ、毎日の腹式呼吸トレーニングを心がけてください。

食物アレルギーの診断をするために、負荷試験が保険適応となりました。

病歴から因果関係が明らかな場合を除いて、直接食べさせて原因食物を確定することが必要になりました。
血液検査(*①RAST)や皮膚試験などは病歴のみからは明らかにならないような場合の参考所見として評価されることになったのです。

2006年4月に入院して行う食物負荷試験が保険適応となり、2008年4月からは外来における食物負荷試験に対しても適応が拡大されました。
基準を満たした施設*②において9歳未満の患者に対して年2回、食物負荷試験が行えます。

外来における食物負荷試験は観察時間が短いため、医師の判断により、負荷試験を行う場所を外来で行うか入院で行うかは決定することになります。 どの場合でも、緊急時に対応できるよう、十分な環境を整えて慎重に行う必要があります。

*①RAST

それぞれのアレルゲン(アレルギーの原因物質)に対するIgE抗体(アレルギーの抗体)の有無と量を知る検査法。反応の強さを0〜6段階に分けてスコア化し、例えば卵3、ミルク2などと表す。スコア2以上でIgE抗体陽性と判断する。RASTスコアが高いとそのアレルゲンがアレルギー症状の原因になっている確率が高くなるが、必ずしも症状の原因とはいえず、逆にスコアが低くてもそのアレルゲンで症状が強く出ることもある。たとえ陽性であっても、食べても何ともない方もあります。その場合は、その食品を食べることをやめず、いつも通りに食べて頂くことになります。

*②小児食物アレルギー負荷検査の施設基準

  1. 小児科を標榜している保険医療機関
  2. 小児食物アレルギーの診断及び治療の経験を10年以上有する小児科を担当する常勤の医師が1名以上配置されている。
  3. 急変時等の緊急事態に対応するための体制その他当該検査を行うための体制が整備されている。

~食物アレルギーの診療の手引き2008より~

食物アレルギーと腸内免疫の仕組み

腸内免疫画像

腸内免疫画像

食物アレルギーの症状が強い方は、当クリニックでアレルギー科専門医の指示・観察のもと、食物負荷試験を行っております。
ご自分で摂取を始めずにご相談ください。
ご自宅で食べることが可能になると、食べる楽しみがぐんと増えますね!

治療は原因食物を避けることから積極的に食べて慣らす方向へ大きく転換しました。

食物アレルギー対策はかつては除去食が主流でありました。ところがこの対策はとりあえず蕁麻疹、呼吸困難、ショックのようなリスクを避け自然治癒を待つという消極的な方策にとどまっていたのです。

すでに吸入性アレルゲン(家のホコリ、ダニや花粉など)については少量から徐々に量を増やして注射する方法(最近では舌下に投与する方法)がアレルギーの根本的な治療法として行われてきました。

ところが最近の研究で免疫反応を調節する中枢(パイエル板)が腸管粘膜に多数散在していることが明らかになりました。腸管では食べた食物タンパクは消化され、アミノ酸まで分解され、栄養分として吸収されるのですが、中には十分消化されずアレルゲンになりやすい性質を持ったペプチドという形で、そのまま吸収されるとアレルギーの抗体(IgE抗体)が産生され、食物アレルギーができあがってしまうのです。そこでパイエル板ではこのようなペプチドに対してはIgA抗体を産生し、結合物を作り、大便とともに排出することにより、食物アレルギーの発症を抑えようとするのです。さらにパイエル板の重要な働きとしてできあがってしまったIgE抗体を抑えようする調節性T細胞を誘導し、運悪く出来上がってしまったアレルギーを押さえ込もうとするのです。要するに原因となっている食物を積極的に食べることにより、食物アレルギーの発症とすでに出来上がった食物アレルギーを抑える力を強化するのです。このように腸管免疫の仕組みが明らかになるに従い、食べて慣らすという仕組みが次第に明らかにされてきたのです。

乳幼児期に食物アレルギーが多く加齢とともに減少するのはこのようにパイエル板というリンパ組織の働きが未熟であるためと考えられています。

この方法には入院して薬を飲ませ、誘発症状を抑えながら治療を進める方法と、調理加工してアレルゲンとしての性質を弱めた食物を少量から始め少しづつ増量してゆく方法があります。後者の方法は熟練した専門医なら外来で通院しながら行うことも可能です。

原因食物を積極的に与え耐性を誘導する治療を効率的に進める食生活

食べて治療するためにはパイエル板の働きを十分発揮させることが必要です。そのためには腸内環境を整えることです、言い換えれば腸内細菌叢の善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことです。そのための食生活は最も手っ取り早い方法としては乳酸菌飲料の摂取であり、食生活では高脂肪食を避け、根菜類(食物繊維とオリゴ糖を強化するため)や魚肉の摂取量を増やすなど食生活などの改善が必要です。

確定診断としての食物アレルギー負荷試験

これは疑わしい食物を食べてもらい、疑わしい症状が誘発されるかどうかを専門医が確認する検査であり、これが食物アレルギーを確実に診断する唯一の方法であり、欧米ではこれまでにも一般的におこなわれてきました。わが国でも数年前からようやく厚生労働省がこれを食物アレルギーの診断法として保険診療に取り入れてくれました。但し適応は3歳から9歳までであり、1年に2回という制限があります。

この試験の意義は食物アレルギーの確定診断ばかりでなく、どの程度の量をどのように加工すれば安全に食べられるかを確認し、耐性誘導療法(積極的に食べさせて耐性を誘導する方法)を実施するための情報を得るという意義もあります。この治療を行うにはかなり経験を積んだアレルギー専門医が必要です。

食物アレルギー負荷試験はとくに重症な副作用がみられなければ1日で終わります。

当クリニックでは月、水、金、土に検査の予約を受けております。

アレルギーの予防に妊娠中からの除去食が必要か。

かつては盛んに除去食の効用が叫ばれていた時代がありますが、現在はわが国は勿論、欧米でもこのような努力は徒労であるということが明らかにされています。

乳児がアレルギーになっている食物を母親も除去しなければならないか

一般に母親が食べた食物が母乳中にアレルゲン性を持ったまま出てくる量は母親の摂取した食物の量の10万分の1といわれています。したがって母親が食べた食物で乳児がアレルギーを起こす確率は極めて少ないことになります。

皮膚から浸入するダニや食物がアレルギー発症の原因になることがある。

乾燥肌は要注意

乳児は皮膚表面を覆うバリア(皮脂と水分)が十分に形成されていないので、水分は蒸発し、乾燥肌の傾向になっています。乾燥肌は知覚神経末端が頭を出し、いろいろな刺激に敏感になりさらにこのような肌の皮膚は悪玉菌の増殖には好条件であり、これをやっつけてくれる善玉菌には不利な条件になります。また乾燥してひび割れた皮膚からはダニや食物片などがそのまま侵入して直接血液中に入り、アレルギーの抗体を作りやすくするのです。したがって乾燥肌を改善するためのスキンケアはアレルギーの発症にかなり大きな役割を果たすのです。最初は乾燥性湿疹で発症し、アレルギーを合併してアトピー性皮膚炎になることも少なくないので、アトピー性皮膚炎の予防にはスキンケア対策がとくに必要となります。乾燥性湿疹であれば小学校入学時には皮脂の分泌もかなり盛んになりますので湿疹も自然に軽快しますが、アレルギーを合併することにより、これが足を引っ張り治りにくくします。このようにして発症するアトピー性皮膚炎も少なくありません。

したがって食物の制限のみでアトピー性皮膚炎を防ぐことは難しいのです。

東海地方の花粉飛散カレンダー

アカザ科は9月初旬から10月初旬まで。
イチョウ科は4月中旬から5月中旬まで。
イネ科は3月中旬から10月下旬まで。
イラクサ科は4月中旬から下旬までと8月中旬から10月下旬まで。
カナムグラ(クワ科)は9月初旬から10月中旬まで。
カバノキ属(カバノキ科)は3月初旬から5月下旬まで。
ギシギシ(ギシギシ属)は4月中旬から6月中旬まで。
クマシデ属(カバノキ科)は3月中旬から5月初旬まで。
コナラ属(ブナ科)は4月初旬から6月中旬まで。
シイ、クリ(ブナ科)は4月中旬から6月中旬まで。
スイバ(ギシギシ属)は4月中旬から5月下旬まで。
スギ科は2月初旬から5月中旬まで。
ニレ科は4月初旬から5月下旬まで。
ハシバミ属(カバノキ科)は3月初旬から4月下旬まで。
ハンノキ属(カバノキ科)は1月中旬から4月下旬まで。
ヒノキ科は3月中旬から5月下旬まで。
ブタクサ属(キク科)は7月初旬から9月下旬まで。
ブナ属(ブナ科)は4月初旬から5月下旬まで。
マツ型は4月初旬から6月下旬まで。
ヤナギ属は3月初旬から4月下旬まで。
ヨモギ属(キク科)は8月初旬から10月下旬まで。
コナラ属、シイ、クリ、ハンノキ属は口腔アレルギー症候群と関連があるとされている花粉です。
口腔アレルギー症候群は、食材と花粉に共通する物質がアレルギーを起こします。そのため、花粉症との関連があると言われています。詳細については、最新アレルギーニュース「口腔アレルギー症候群について」をご覧ください。

花粉症の治療を効率よく始めるには

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻みずなどのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。治療には、対症療法(症状自体を軽くして楽にするための治療:主に抗アレルギー薬や、抗ヒスタミン薬などの内服や、点鼻薬を噴霧するなどが多い)を行います。その治療も、アレルギー症状が出てひどく出てきてから始めるよりも、少し時期を考慮して早く始めるほうが良いとされております。治療開始の時期は花粉の飛散時期の1か月ほど前から始めると良いでしょう。スギ・ヒノキ科花粉の飛散時期は、例年2月中旬からとなりますので、治療は1月中旬頃には始めることをお勧めいたします。

抗ヒスタミン薬の話

花粉症によくある鼻閉症状や、鼻水などに対してよく用いられる薬として最も一般的なのが抗ヒスタミン薬。安全性が高く、現在もよく処方される薬です。その多くは、第一世代と呼ばれ、眠気をもたらすものが多く、車を運転する人などは服用できません。高度な作業をする人などは特に避けなければなりません。

また、眠気を自覚しなくても知らない間に集中力が落ちているなどの症状が起きている可能性があります。この症状を専門用語で「インペアード・パフォーマンス」といいますが、車を運転する人だけでなく、受験生やバリバリ働きたい人も、「インペアード・パフォーマンス」が起きないように服用は慎重にしましょう。

眠くなるタイプの抗ヒスタミン薬は第一世代と呼ばれますが、受験生などには、第二世代と呼ばれる、眠くなりにくいタイプの抗ヒスタミン薬をお勧めします。正しく処方されるためにも主治医に相談してください。

花粉症の方が、自分で症状を軽くする方法とは

2月に入るとスギ花粉症が口火を切り、多くの方が悩まされる花粉症のシーズンに突入します。東海地方では、11月頃までアレルギーの原因になるいろいろな花粉に暴露されることになります。
(最新アレルギーニュースにも東海地方の花粉飛散カレンダーを載せています。参考にしてください。)

花粉症一口メモ

その1 自宅へ花粉を持ち帰らないようにしよう!

花粉の暴露は、室外より室内で一層多くの花粉に暴露されることがあります。その理由は、気密な室内へ、外部から衣類や髪の毛などに付着させて持ち込むからです。室内へ入るときには、これらの花粉を払い落しましょう。

現在では、スプリングコートやシャツなども花粉が付着しにくい素材でできているものが販売されています。玄関に入る前に、外で上着に付着した花粉を払い落とすなど、気をつけてみてはいかがでしょうか。

当クリニックの入口右側にある『マナージェット』という機械をご存じですか?これは、花粉を吹き飛ばし、機内に吸い込んで、室内へ花粉を持ち込まないようにするための機械です。その他、室内には空気清浄機を設置して、フル稼働させて花粉の除去に努めております。花粉症の患者様は、ご自身のためにも、他の患者様への思いやりとしても、是非とも『マナージェット』をご利用いただきまして、室内の花粉除去にご協力をお願い致します。

その2 ガーゼマスクを濡らす

花粉の暴露を減らすためにガーゼマスクを用いる場合には、内側のガーゼを濡らしておくと効果が倍増します。その理由は、ガーゼに花粉が付着するからです。

その3 鼻洗浄をして花粉症の悪化を抑えましょう!

花粉症の症状としては、鼻水・鼻づまりがよく見られる症状です。これは、鼻水により花粉を洗い流して症状を軽くしようとする防御反射です。ところが、抗ヒスタミン薬は、この反射を抑え鼻水の過剰分泌を抑え、症状を軽減させます。その反面、花粉の鼻腔における花粉の残留を増やすことにもなります。一方、ステロイドの点鼻薬は鼻閉にも効果があり、一層症状の改善に役立ちます。ステロイドの点鼻の前には残留した花粉を洗い流すために、鼻洗浄をすると効果が倍増し、症状の改善ばかりでなく、予後の改善にも役立ちます。

鼻洗浄は真水を用いると、鼻粘膜を傷つけてしまい、しみるばかりでなく、かえって症状を悪化させることがあるので、0.5%の食塩水(湯冷まし1リットルに9gの食塩を溶かす)を用いることをお勧めします。現在では、鼻洗浄液が付属の点鼻器具も付けて市販されています。一般に市販されている洗浄液には、殺菌剤としてベンザルコニウム、グリセリン、食塩などが含まれており、時にはハッカが入っている製品があります。これは、ステロイドと同じように粘膜の腫れをとる効果もあります。

『口腔アレルギー症候群』について

花粉アレルギーがある方が、一部の食物(特に野菜、果物、木の実)に含まれるアレルギー物質が花粉のアレルギー物質と共通するために、その食物を摂取した時に、アレルギー症状が出るときがあります。主な症状は、口唇・口腔粘膜の腫れ、のどの違和感、かゆみです。時には、食道を通過する際の痛み、ショック症状まで見られることがあります。これを『口腔アレルギー症候群』と呼び、花粉と関連がある食物は、すでに研究が進められています。
*最新アレルギーニュースの『口腔アレルギー症候群と関連する野菜・果物の種類』を参考にしてください。

『口腔アレルギー症候群と関連する野菜・果物の種類』
カバノキ科(白樺・オオバヤシャブシ)・ブナ科(コナラ) リンゴ、モモ、サクランボ、アーモンド、ナシ、イチゴ、スモモ等バラ科の果物
セロリ、ニンジン等セリ科の野菜
キウイ、へーゼルナッツ、バナナ等
スギ・ヒノキトマト
カモガヤ(イネ科) 小麦、ライ麦、トウモロコシ、カモミール、タンポポ、ジャガイモなど
ヨモギ(キク科) ニンジン、セロリ、パセリ等セリ科野菜、ピーナッツ、リンゴ
ブタクサ メロン、スイカなどウリ科果物、バナナなど

花粉症のシーズンには、一部の花粉に関連した食物(特に野菜、果物、木の実)のアレルギーが悪化することがあります。関連する食物を口に入れると、アレルギー症状が出現します。

基本的には、口の周りに、アレルギー症状が出るのですが、時に症状が強く出て重症の場合には、ショックなどの*アナフィラキシーを起こします。

*アナフィラキシーとは、じんましん等の皮膚症状や、喘息・呼吸困難等の呼吸器症状、めまい、意識障害等の神経症状、血圧低下等のショック症状が、2つ以上存在している場合を言います。

アレルギーの対症療法(症状を軽くする治療)はバランスが必要です。

アレルギーは『全身病』です。時には、鼻炎、喘息、結膜炎、アトピー性皮膚炎、ショックなど多彩な症状となって現れるものです。したがって、常に全身のわずかな症状にも目を光らせながらバランスよくコントロールすることが必要です。

症状を抑え患者さんの苦痛をとるための治療等(対症療法薬)の開発は、近年すばらしく進み、これらを使用しているとすっかり治ってしまったような錯覚に陥ってしまいがちです。アトピー性皮膚炎を克服したと思ったとたん、治ったと思っていた喘息発作が現れることも珍しくありません。このようなことを繰り返している患者さんは、少なくありません。アレルギー治療には、対症療法のみでは不十分であり、最近では、このような視点から根本療法(免疫療法)が再認識されるようになりました。アレルギー専門医制度がつくられたのも、このようなことができる医師の養成のためです。

対症療法薬は中止すると再び発症するという成績が散見されるようになりました。対症療法にも根本療法の併用が重要であることが認識されるようになりました。これまでアレルギーの克服には原因アレルゲン回避が最も重要であるとされてきました。確かに重要ではありますが、現実には花粉や家屋塵のように個人の努力のみでは十分避けきれないものもあることは事実です。免疫療法とは、原因アレルゲンを積極的に与え、抵抗力をつける治療です。

減感作療法について

減感作療法とは、アレルギー症状を起こす原因抗原(花粉症の場合はスギ花粉など)を、長い時間をかけ定期的に少しずつ投与(一般的には注射)し、体を徐々に慣れさせ原因抗原に対する過敏性を低下させようという治療法のことです。

当クリニックでは、すでに食物アレルギーについて(経口投与により)減感作療法に成果を上げております。現在、月に数名の患者様が、原因抗原がどのくらいの含有量であると即時型アレルギー症状が出現するのかを診断するために食物負荷試験を行っております。どのくらいの含有量、どんな調理法であれば、ご家庭で摂取が可能なのかを判断するためでもあります( *クリニック内で投与すれば、もしも即時型アレルギー症状が出現しても対応が可能で安全です)。患者様自身(または保護者の方)が、摂取可能な(安全な)含有量や調理法を知ることは、とても重要なのです。

花粉症について・注射による減感作療法

スギ花粉飛散時期が過ぎたら、次年度の症状のコントロールを目指して開始する予定です。

ダニアレルギーについて

日本では、治療用に標準化されたエキスがまだありませんので、現在では『家屋塵エキス』で代用されております。私は、昭和40年前後より積極的に『家屋塵エキス』による減感作療法を実施しておりますが、それなりの成果を上げてきました。

スキンケアの重要性

カサカサの皮膚はアレルゲンの経皮侵入を容易にし、アレルギーの成立を促進します。食物アレルギーは食べた食品が原因になると考えられていますが、最近ではカサカサ皮膚から侵入したものが、食物アレルギーの原因になることが明らかにされました。したがって、食物アレルギーを拡げないようにするには、スキンケアが必要となります。

腸管には、バイエル板というリンパ組織があり、アレルギーを抑える仕組みがあります。この仕組みを効率よく働かせるためには、腸内環境を整えることが必要となります。(例えば、乳酸菌飲料やヨーグルトなどを摂取して腸内の善玉菌を増やす。オリゴ糖や食物センイが多い根菜類を摂る。高脂肪食は逆効果になるので、なるべく減らすようにするなど。)

ページの終わりです。